自然素材について of 福井で建てる注文住宅 自然素材デザイナーズ住宅【Designers Factory horikawa】

福井で建築家と建てる自然素材のデザイン住宅・注文住宅。デザインする地域工務店宣言

Designer's Factory Horikawa

デザインプロデュース連合設計社市谷建築事務所【rengoDMS】

自然素材について
 

自然素材=安心ではない

IMG_3557.jpg
「自然素材を使用しておりますのでご安心ください」という言葉を耳にすることがあります。

自然素材… 響きは悪くないので、一見安心感を覚える方も多いかと思いますが、本当にそうなんでしょうか。 

皆様にもなじみのあるところで言いますと、フグ・キノコ…

間違いなく最高の素材ですが、ひとつ間違えば恐ろしい結果を招いてしまいます。

他にも毒性の強いものは無数にありますが、これらもすべて自然素材なのです。

フグの場合などはその為の資格もあるようですが、自然素材の中でも、良い部分と悪い部分をしっかり認識した上で切り分けることにより、安心な部分だけを使用する。

それが自然素材を使用する上での大原則になると思います。

自然素材の定義

IMG_3493.jpg
自然素材から出来た建材という事になりますと、これまた一見安心かのように聞こえますが、果たしてそうなのでしょうか。

1番ポピュラーなところで言いますと、壁材として使う珪藻土。
じつは珪藻土は漆喰や石膏、セメントのように水を混ぜて固まる性質を持っていません。

では、なぜ珪藻土が壁材として成立しているのか。

それは壁材として成立させるための固化剤(薬品)を混ぜているからです。が、この混入物が問題となってきます。
それらが巷を騒がせるシックハウスの要因となっているのです。

自然素材を主成分とした問題を引き起こす恐れのある建材。
実は、詳しく検証してみると、一般流通しているほとんどの建材がここに属していることがすぐにわかると思います。

さらに調べていくと、主成分としての混入率21〜57%となっています。多くても半分少々しか含まれていない。

これでは、とても安心して使える自然素材とはなりません。
そうではない本物だけを積み上げ家を作っていく。本当に安心できる自然素材がいかに少ないか。

実は、選択の余地がないのが本物の宿命のような気もします。

MSDSによる検証

1125_26.jpg
「MSDS」=「マテリアル・セーフティー・データ・シート」の略です。
日本語にすると「成分表示表」。

その建材に含まれる成分を明らかにするもの。じつは、住宅に使われる各建材にはこのようなMSDSが存在し、それを入手することにより、表面的には見えない部分を検証することが可能になります。

せっかくの自然素材も、混入物の持つ性質により本来の吸湿効果を失われている。

それでは本末転倒ですので、そういったことのないよう、しっかりと成分の検証をしていく。
また、ひとつひとつは安心できる自然素材といえども、それらを配合した場合は話が別です。
分かりやすく言いますと、おいしい食材を混ぜ合わせれば必ずおいしくなるかと言えば、全く逆で、食べれないほどまずくなる場合もあると思います。

建材の場合ですと、化学反応により有害物質を気発するという結果を招きかねません。

そういった建材を使わないよう、MSDSの検証を大前提に、本当に安心できる物だけに厳選してお勧めする。それがデザイナーズファクトリーの自然素材に対するこだわりです。

Horikawa は 『年間 6 棟のお客様限定』 の家作りです。

良い家づくりをする為には、素材、住宅性能・デザイン性・機能性だけではなく、もっと重要な事がございます。

それは、実際に家を作る棟梁、大工、左官といった職人の技術レベルが高品質である事。

当社では厳選した職人による家づくりを行う事で徹底的な高品質を保っており、その為、年間6棟のお客様限定で家づくりを提供させて頂いております。

※家づくりの提供はご契約順となっておりますので、ご契約いただいた際にお待ち頂く可能性がございます。予めご了承ください。

Designer's Factory Horikawa オープン後、ご契約されるお客様が増えている為、少しでも興味を持たれたお客様は、是非、この機会にギャラリーの見学をされることをお勧めします。

ギャラリー見学ご予約フォームへ

Designer's Factory Horikawa では、ご提示いただいた予算内に収まるトータルプランだけをご提案させていただいておりますので、どなた様もご安心してお問い合わせください。